シェア型電動キックボードサービスmobby 九大実証実験について

シェア型電動キックボードサービスmobby 九大実証実験について

2020/07/10

本ページでは、2020年7月10日(金)から実施している、伊都キャンパスでのmobby 実証実験について説明しています。

注意:電動キックボードは原動機付自転車にあたるため、市販のものを含め一般的にはそのままでは公道で利用することができません

実証概要

九州大学伊都キャンパスのウエストゾーンを中心に、指定エリア内でmobbyを利用することができます。

mobbyの特徴

mobbyはGPS、通信機能を内蔵しており、「速度制限」「エリア制限」「利用者の制限」など、遠隔管理することができます。

今回の実証では、決められたエリアを出て一定時間が経つと、自動的にアクセルがオフになります。 もし万が一エリアをでてしまった場合は、走行可能なエリアに戻ることで、一定時間が経つとアクセルが利用できるようになります。

mobbyの利用方法

mobbyの使い方

開錠方法

  1. スマートフォンで車体ハンドル中央のQRコードを読み取る
  2. LINEアプリが起動した後、mobbyを友達追加する
  3. 画面に従い、利用規約に同意してアカウント登録を行う
  4. 車体のハンドル中央部にあるQRコードを読み取る
  5. 乗車ルールなどを確認し開錠ボタンをおす
  6. 車体から音が鳴り、開錠

返却方法

  1. 専用駐輪場まで移動する
  2. LINEアプリのmobbyトーク画面を開く
  3. 返却ボタンを押す
  4. 車体から音が鳴り、返却完了

走行可能ルート

前回の実験と同じルートですが、専用駐輪場の一部が廃止されておりますので、ご注意ください

伊都キャンパス内_走行ルート

主な利用ルール

注意事項

実証内容に関するお問い合わせ先

mobbyサポートチーム:support@mobbyride.jp